動きが活発になる前にやっておきたいスズメバチ駆除の必要性

スズメバチ駆除で役立つおすすめ情報

蜂の巣

スズメバチの特徴

ハチの生態や性質を理解することで、スズメバチ駆除はより安全に出来るようになります。スズメバチは、種類によって活動時期が変わりますので、ハチの種類を見分けることもベストな駆除のタイミングを掴むための大切なポイントです。攻撃性が高い時期には襲われる可能性があるため、蜂の巣に近づいてハチを無暗に刺激することは避けましょう。

READ MORE
散布機

蜂避けに効果的な方法

スズメバチの駆除は、しかるべき準備をして臨むことが必要です。蜂避けグッズを活用するなどの対策を行って、安全に駆除を行っていきましょう。手に負えない時には、無理をせずにハチの習性を熟知している専門の駆除業者に依頼することも大切です。アフターフォローが受けられる専門業者なら、作業終了後の安心感も高くなります。

READ MORE

駆除の必要性

蜂

活動時期に要注意!スズメバチから身を守ろう

スズメバチは、春先から秋口にかけて一定のサイクルで活動を行います。最も活動が活発になるのは、8月から10月にかけての夏から秋です。この時期には大きい巣が目立つようになり、働きバチの活動量が以前にもまして高くなります。業者によるスズメバチ駆除のニーズが高まるのも、例年この時期です。
活動が盛んな時には巣が大きくなるスピードが非常に早く、素人が駆除を行うのは難しくなります。スズメバチの攻撃性が高まる時期でもありますので、万が一スズメバチの気配を感じたら静かにその場を立ち去るなどの方法で被害を防ぎましょう。

スズメバチ駆除が必要な理由

スズメバチは、人家の軒先などに巣をつくることが多々あります。風通しがよく安全な場所を選ぶ傾向があり、家人が知らない間に巣が出来ていることが少なくありません。スズメバチの巣は、巨大になると1000匹を超えるハチが潜んでいることもあります。
このようなハチが身近な所にいる場合、家人は常に危険にさらされることになります。スズメバチによる死亡事故は全国的に増えており、スズメバチ駆除は地域を問わず必要とされています。専門のトレーニングを積んだプロでないと、実のところ安全にスズメバチ駆除を行うことは困難です。

スズメバチ駆除に関するQ&A

スズメバチの巣はどのような形をしていますか?

スズメバチは、その種類によって様々な形の巣を作ります。例えばキイロスズメバチは、球状の巣をつくることで知られています。キイロスズメバチの巣は、表面のマーブル模様が特徴です。一方、小ぶりの徳利型の巣をつくるのがコガタスズメバチです。オオスズメバチなどは土の中に巣をつくりますので、他の蜂とは巣の形が大分異なります。スズメバチ駆除をする業者は、このような巣の特徴を見て生息しているハチの種類を割り出していきます。

スズメバチの大きさは種類によって違いますか?

個体の大きさは、スズメバチの場合は種類によって少し異なります。例えばオオスズメバチは、約3センチから4センチ前後が平均的な大きさです。スズメバチの中で一番大きいのが、このオオスズメバチです。キイロスズメバチは、約2センチから3センチとなりますのでオオスズメバチに比べると若干小さくなります。コガタスズメバチの場合も、約2センチから3センチが標準的なサイズです。キイロスズメバチなどは、体の大きさの割に攻撃的な性質があり、スズメバチ駆除でも用心が必要なハチと言えます。

スズメバチと他のハチの見分け方について教えてください

胴体の部分に黄色と黒の縞が入っているのが、スズメバチです。顔の部分も鮮やかな黄色をしており、アシナガバチやミツバチに比べるとインパクトがあります。ただクロスズメバチだけは、黒色の胴体に白い線が入っているため、一見スズメバチと見分けがつかないこともあります。スズメバチは、アシナガバチに比べると胴体の部分が太いのが1つの特徴です。それぞれのハチの色や体つきは、スズメバチ駆除をする時でも必ず押さえておきたい点となります。

スズメバチはどんなものを食べていますか?

スズメバチの成虫は、巣の中の幼虫が分泌した液を1つの食料としています。幼虫は、ある程度大きくなると滋養に富んだ液を分泌するようになります。このような液は、スズメバチの成虫にとって貴重な栄養源なのです。液によってエネルギーを得た成虫は、セミなどの昆虫を捕ってきて幼虫に与えます。こういったスズメバチの生態について知っておくと、ハチの行動パターンが分かりますのでスズメバチ駆除をする時にも参考になります。

事前にスズメバチ駆除を行った人の声

スズメバチの駆除はやはりプロに依頼すべき!

2年前の夏、庭でスズメバチを見ることが多くなり、近くに巣があるかもと家の周りを見回ってみたところ、家の裏手の軒下に大きな巣が作られていました。自己処理をして刺されたら大変なので行政に相談すると、紹介できる駆除業者が数軒あるということでそのうちの1軒に処理を依頼しました。
スズメバチ駆除業者の方は2時間ほどで駆けつけてくれ、30分ほどで巣は取り除かれました。業者の方が言うにはうちに巣を作っていたのはキイロスズメバチでとても狂暴な蜂らしく、自己処理しなくて正解だったとのことでした。自宅の庭にできた巣の駆除だったので当然費用は発生しましたが、家族が刺されないうちに安全に処理できて良かったです。

9月までに業者にハチの巣を取り除いてもらおう

最近ハチが目立つようになってきたので、スズメバチ駆除を業者にお願いしました。秋になると狂暴化して襲われる可能性があると聞いたため、ハチの巣が大きくなる前に処分してもらうことに。まだそれほど大きくなかったので処分にかかる時間も短く、費用もそれほど高くありませんでした。ハチの巣が大きくなってからでは処分してもらうのは難しく大変になるので、被害のピークを迎える秋までに専門の人に相談するのがおすすめですね。

ベランダにハチの巣!早急にスズメバチ駆除

夏場にベランダで布団を干していた時に、ハチが飛び回っているのが気になっていました。もしやと思い、雨戸の下を覗いてみると10センチぐらいのスズメバチの巣を発見。巣が大きくなる前に何とかしなければと思い、業者にお願いしてハチが巣に戻ってくる夕方にスズメバチ駆除を敢行しました。駆除後の状態を確認すると、ぽろっと落ちたハチの巣とともに30匹ぐらいのハチと幼虫を発見。このまま放置していたらと思うとぞっとしました。

スズメバチ駆除は早めの依頼が正解だと確信しました

同じ地域に住んでいる友人からスズメバチの被害の詳細を聞いて、早めの対処が不可欠だと思いました。そこでインターネットでスズメバチ駆除の実績が豊富な業者を調べることに。その結果、複数の業者と連絡を取る事に成功。後は各業者の資料や見積もりを検討して、一番納得できるスズメバチ駆除業者に依頼しました。スズメバチ駆除業者のスタッフさんの対応は手際良く、安心感がありました。おかげでスズメバチ駆除は順調に進み、早めの依頼が正解だと確信しましたね。

スズメバチ駆除をお願いして一安心しました

ハチを徹底的に駆除してもらうため、スズメバチ駆除を行なってほしいと業者にお願いしたところ、快く承諾してくれました。巣を作られやすい軒下や床下など細かいところまで調べてくれて、作業中は安全にも配慮してくれて助かりました。調査の結果、スズメバチの巣を早期発見できて駆除してもらうことができましたのでホッと一安心。もう少し遅かったら本格的な活動シーズンに入っていたようなので、事前にスズメバチ駆除を依頼して良かったと思っています。

[PR]

シロアリ予防の申し込み
優秀な業者に依頼できる コウモリ駆除はプロに依頼
質の高いサービスを提供中 害獣駆除業者に依頼する!
万全のサポート体制に注目☆ ダニ退治で快適な暮らしをゲット!
満足度の高い業者を選ぼう