蜂避けに効果的な方法|巣が大きくなる前に対策!スズメバチ駆除を安全に実行する方法

スズメバチ駆除前にやっておきたい蜂避け対策

スズメバチ駆除前に役立つ!蜂避け対策ベスト5

no.1

殺虫スプレー

スズメバチに襲われないためには、ハチを撃退する商品を利用するのが1つの方法です。こういったアプローチを可能にしてくれるのが、市販されている様々な殺虫スプレーです。最近の殺虫スプレーは、かなり遠くから噴射をすることが出来ます。ハチやアブをターゲットにした商品の場合は、7メートルから8メートル離れていても十分に効果を届けることが可能です。このような商品を準備しておくと、駆除が進めやすくなります。

no.2

防護服

ハチは、ちょっとした服の隙間からも入り込むことがあります。襟元や袖口などは、意外に盲点になりやすい場所です。この手の場所をガードしてくれるのが、全身を覆う防護服です。ハチの駆除を目的とした防護服は、全身を隈なく守れるような仕様となっています。通気性もよく、夏場のストレスを軽くしてくれるお役立ち商品です。安全に作業をするための対策として、1点そろえておくと役立ちます。

no.3

アロマスプレー

ハチなどの昆虫は、特定の香りを嫌う習性があります。このような習性を利用しているのが、様々な虫よけの忌避剤です。ハチの場合は、ミント系の香りに忌避効果があるとされていますので、アロマスプレーを全身にスプレーしておくと忌避効果が期待出来ます。ただ、ハチは香りには非常に敏感です。他の香りが混ざってると却って逆効果になることもありますので、反応を見ながら使用していきましょう。

no.4

捕獲グッズ

巣が小さい段階であれば、駆除を行う前の段階で活動しているハチをおびき寄せて捕まえるというアプローチも可能な場合があります。カップの中にハチを誘い捕獲をする商品は、スズメバチの活動が本格的になる前なら効果が期待出来ます。この手の商品は、目的の場所に設置しておくだけで済みますので、使用する上でも危険は少なくなります。

no.5

巣を作らせない液剤

スズメバチは、毎年同じような場所に巣をつくる傾向があります。ですので、そろそろ巣作りが始まる季節になったら、蜂の嫌がる木酢液などをリスクの高い場所に塗布しておくのもおすすめです。ハチの嫌がる環境を作り、巣作りを予防しましょう。スプレー式の商品なら、高い軒先にも塗布がしやすくなります。春先にはこまめにスプレーをしておくと、ハチの被害も減る可能性が高いです。

蜂避けに効果的な方法

散布機

上手に蜂避けグッズを使って身を守ろう

市販されている蜂避けグッズは、概して駆除の現状を踏まえて開発されています。プロが使用しているような本格的な商品も出回っており、素人でもかなり安全に駆除が行えるようになっているのです。防護服や駆除専用の手袋などは、通販でも簡単に手に入ります。こういった商品を用意しておくだけで、精神的な恐怖感も大分和らぎます。どうしても自宅でスズメバチ駆除を行わなければならない時には、便利な商品を活用して身を守りましょう。一見大仰に見える商品でも、実際に使用してみると合理的な工夫が凝らされているのが分かります。口コミなどを参考にして、使い勝手に優れる商品を見分けるのがコツです。プロの身支度を参考にしてみるのも、良いアイデアです。

根本的な対策はスズメバチ駆除業者へ依頼

巣の規模や時期によっては、スズメバチの専門業者に依頼した方が一番安心です。専門業者に依頼をすると、巣ごと除去してもらえますので、根本的な解決に繋がるでしょう。再び巣を作らせないようなフォローもしてもらえることが多く、シーズンを通して家を守ることが出来るのです。翌年以降の対策についてもアドバイスが得られれば、長期的にもメリットがあります。専門業者による駆除は多少費用がかかりますが、金額に見合うだけのメリットが享受出来ることが多いです。見積もりなどを取ってから依頼する業者を決めれば、費用の点でも心配がなくなります。駆除の方法などを確認して、スズメバチの問題と完全におさらばできるようなアプローチをしていきましょう。

アフターフォローがしっかりしているから安心

実際、一部の専門業者では、巣を除去した後に戻ってくるハチを捕獲するアフターサービスを行っています。専用の捕獲機を仕掛けておき、作業終了後、点検を行うのが1つのスタイルです。依頼者としても再び業者にチェックをしてもらえるため、安心感が高くなります。ハチの習性を知り尽くしたプロならではの対応で、顧客に安心を与えているのが最近のスズメバチ駆除業者です。このようなアフターフォローは、最初に提示された料金に含まれているケースが多いため、追加料金などの心配も少なくなります。再びハチが現れた時でも、再度作業を依頼せずに済みます。