スズメバチの特徴|巣が大きくなる前に対策!スズメバチ駆除を安全に実行する方法

蜂の特性を知ることでスズメバチ駆除がスムーズに行える

スズメバチの特徴

蜂の巣

スズメバチの特性を知り駆除に役立てよう

上手にスズメバチ駆除を行うためにも、スズメバチの性質は大変重要になる情報です。スズメバチは、当初は女王バチが1匹で巣作りを始めます。女王バチが生んだ卵が孵り、働きバチが育ってくるのが初夏です。いまだ働きバチが小さいこの時期であれば、スズメバチ駆除は比較的楽に行えます。
働きバチの数も少なく巣の規模自体が小さいため、作業に際してのリスクも少なくなるのです。こういったタイミングを逃してしまうと、一気に巣が大きくなり働きバチの数が増加してきますので要注意。スズメバチ駆除では、タイミングを読むことも大切です。

種類で変わるスズメバチの活動時期

スズメバチは、活動開始の時期が種類によって少しずつずれます。一番早く活動を始めるのは、キイロスズメバチです。こちらのハチは、4月から巣作りが始まります。そして、一番攻撃的で活発になるのが、7~10月ごろ。その他、とても凶暴なオオスズメバチや温厚なコガタスズメバチも大体同じ時期に活発化します。スズメバチ駆除では活動時期も要チェックです。

不用意に蜂の巣へ近づかないこと

巣の周りは、スズメバチにとっても安全を確保しておきたい場所になります。このような場所には、大抵パトロールを行うハチがいますので、無暗に近づくとハチを警戒させてしまうことになります。スズメバチも、活動が穏やかな時期は人間が危害を加えなければ通常は襲ってきません。しかしながら、夏や秋はハチの攻撃性が強くなってくるため、少し近づいただけでも敵とみなされてしまう恐れがあるのが厄介な所です。こういった時期は、一気に危険度が増してきますので蜂の巣を見つけても距離を置きましょう。安全を確保するためには、スズメバチ駆除の専門業者に依頼するなどの対策が急務です。